奈良橿原の探偵社ガルエージェンシー|浮気調査/人探し/行方調査/信用調査/盗聴器発見/ストーカー対策/結婚調査など

TOPページヘ ご連絡はこちらから map 探偵は奈良橿原のガルエージェンシー 探偵は奈良橿原のガルエージェンシー
探偵GALU本部
GALU探偵学校
探偵ネットワーク
奈良橿原の調査はガルにおまかせ
 
 
浮気調査の面談
悩み解決のためには、まず御相談が第一歩です。
浮気の相談について、ご案内しますので、御読みください。
詳しくは、ガルエージェンシー奈良橿原 無料相談室までお電話ください。
ご相談・お見積もり無料/携帯・PHS
浮気の実態とは〜?
みなさんが『浮気』と呼んでいる行為は、法的には、不貞行為と言います。
この不貞行為は、民法770条第1項に規定された民事的に不法な行為なのです。
不貞行為とは、どんな行為なのでしょうか?
不貞行為とは、『夫婦間において配偶者以外の異性と性的関係を持つこと』を言います。
ですから、御主人が交際している女性と肉体関係を持つことが、不貞行為なのです。
御主人が、交際している女性との不貞関係をどのように立証するのか・・・?
浮気現場 法律では、『不貞行為をし得る施設や場所における一定時間の滞在』を証明することを求めています。
例えば、ご主人の行動を調査して、女性とラブホテルに入ったような場合です。ホテルに入って行く状況、そしてホテルを出て来る状況を秘匿撮影(ビデオ)して、両名がホテルに滞在した事実を映像と共に撮影し、証拠とするのです。
不貞行為の責任?
不貞行為が、立証されることにより、その配偶者は、有責配偶者としての責任を負う事になります。
この有責配偶者側からは、離婚を申し立てることは出来ないのです。ですから、
証拠を撮ったあなたが断然有利になるのです。
離婚するもしないも相手の主導になるのです。
離婚の責任とは?
浮気現場 不貞行為を犯した配偶者に対しては、
離婚を要求出来る。
② 慰謝料の支払いを求めることが出来る。
③ 子供の養育等についても優位に協議を進めることが可能になる。
ことは言うまでもありません。
本来、夫婦関係というものは、民法によって完全に保護された関係であり、どのような人物もこの夫婦関係を破綻に追い込むような行為はしてはならないのです。
浮気相手に対する損害賠償請求
浮気不貞行為)により、夫婦間が破綻した場合には、浮気をした配偶者に責任があることは、当然です。
勿論、浮気の相手にも責任追及を行うことも当然のことです。
そのためには、浮気相手の女性が、その配偶者が、破綻していない夫婦関係を有していること、つまり配偶者が、既婚者であることを知っていることが条件になります。
その配偶者が、未婚であると浮気相手を騙していると言っていた場合は微妙になります。
(その状況を立証する責任は浮気相手にあります。)
浮気相手に対する責任追及の方法は、損害賠償の請求として行います。この請求を起こすには、浮気相手を割出さなければなりません。
その人物の住所、氏名、職業、家族関係(未婚か既婚者か?)
その請求金額については、夫婦が離婚に至ったかどうか?交際していた期間?交際の深さ?等によって差が出て来ます。
浮気調査とは〜
調査報告書 配偶者の不貞行為を立証して、その責任を全うさせるには、不貞行為を立証する調査を行う必要があります。
調査では、配偶者の行動を細大漏らさず調査し、その行動の中で、交際する異性との接触を捉えて、デートの状況、ラブホテルへの出入りの状況、そして浮気相手の割出を行うのです。
勿論、その状況は、ガルエージェンシーがお渡しする『調査報告書』により証明されるのです。
この調査報告書は、裁判資料として採用されるフォーマットで御作りしていますので、調停や裁判に、そのまま提出して頂けるものです。
悩み解決の方法
多くの相談者は、『浮気をしている可能性は大きいが、どうしたら一番いいのか分からない』『浮気の事実を確実に押さえて離婚したい』『相手の女性から損害賠償を払わせたい』というものです。
調査では、対象者の行動を調査し、不貞行為を確実に立証し、その上で浮気相手の割出し(住所・氏名・職業・家族関係)を行います。
ですから、多くの相談者が悩んでいることを全て解決出来るのです。
調査後のアフターフォロー
調査報告書 調査の結果を得たあと、あなたは今後の夫婦関係をどのようにしていくかを決めなければなりません。離婚するのか?夫婦関係を修復するのか?相手に対してどのように慰謝料や損害賠償を請求していくのか?など分からないことばかりでしょう。
そのような場合の解決策は、弊社の顧問弁護士、司法書士、行政書士が御相談をお受けしますのでご安心ください。
 

解決の第一歩は確実な証拠から
ご相談・お見積もり無料/携帯・PHSご相談フォームはこちらから